【Tweetまとめ】プロダクトマネージャー記事200本読破計画(No71〜No80)

最終更新日

去年の3月から継続的に続けている、プロダクトマネージャー/プロダクトマネジメント関連のTweetまとめですがいよいよ80本に達しました!(去年の夏頃までは順調だったのですが、秋〜冬にかけて急激に失速してしまいました汗)

 
・自分の2018年の目標については以下記事にて!
人生のビジョンと2018年のテーマ・KGI/KPIについて

 
プロダクトマネジメントについてゼロから学び始めている自分ですが、
100記事に達したら、自分のためにまとめて管理している「Reading List of Product Manager」を一般公開しようと考えています。

それでは、早速プロダクトマネージャー向け記事のNo71-80をみていきましょう!

プロダクトマネージャー向け記事要約Tweetまとめ(No71〜No80)

スタートアップアイデアの検証

スタートアップのアイデア検証をできるだけ効率よく、スピーディーに実施して、サービスの成功確率を高くするための方法を書いてくれている記事です。

認知バイアスを回避するためのアイデア検証プロセス

改善アイデアを要素分解して、「課題事実」「原因仮説」「解決策」に分解するという考え方が非常に参考になりました。
そして、アイデア検証においては、上記でいうところの「原因仮説」を検証するイメージで行うという考えもプロダクトマネジメントをしていく上でとても参考になります。

“体系的”開発サイクルの作り方

リーンスタートアップでいうところの「BMLループ」においてよく起こる課題と対策についての講演メモです。
cookpadの当時新卒だったエンジニアの方による講演というのが衝撃でした。

新規事業は「打席に立つ数」が重要

VOYAGE GROUPの代表取締役社長兼CEOの宇佐美進典さんのインタビュー記事。
打席に立つ数と、空振りを恐れずにきちんとバットを振ることの大切さというたとえがわかりやすいです。
プロダクトマネージャーとして成長する上で、インプットも大事ですが、実際にプロダクト開発・運用をはやくやらなければという気持ちが強くなりました。

リーン顧客開発と顧客インタビュー

リーン顧客開発の手法と、実際にインタビューを行う時のポイントなどをまとめてくれています。
インタビュー時の具体的な質問方法、注意点、等、実際に顧客・課題検証をする際に非常に有益な情報が掲載されています。
馬田さんのスライドは毎度ボリューミーで内容が濃く、かつ、とても分かりやすいのでプロダクトマネージャー見習いとしては本当にありがたいです。また、本スライドのベースにもなっていると思われる「リーン顧客開発」という書籍もおすすめです。

PSFを目指すための2種類のインタビュー

PSF(Problem-Solution-Fit)、つまり、「顧客の課題と、解決策となるプロダクトがマッチしているか」、「そのプロダクトで顧客の課題を解決できるのか」を目指すためのインタビューについて。

1.「課題」に関するインタビュー
2.「ソリューション」に関するインタビュー

という2つを切り分けて記載されており、段階を踏んで検証していくアプローチについての解説記事。
詳しい内容は、Running Lean ―実践リーンスタートアップを読みましょうという結論。

スタートアップで成功する方法

英語の記事を翻訳してくれている記事です。
自分もプロダクト開発をする際には、「製品が好きすぎて友達に話してしまうレベル」を目指したいです。

巨大企業から学ぶ初期ユーザーの獲得方法

Tinder、Airbnb、QUiraなどアメリカのテック大企業が、どのように初期ユーザーを獲得してグロースしていったのか?について事例がまとめられています。
どのスタートアップも、最初は人力でユーザー獲得していったというのがわかります。

良い仮説、悪い仮説

「とりあえず作ろう」といってMVPをいきなり作り始めると、結果的にムダが大量に生まれてしまうとのことです。
やはり、いきなりプロダクトを作り込む前に、「そもそも、何を検証したいんだっけ?」という仮説立案からはじめて、それを検証するために必要なプロダクト(MVP)を作るという考えは非常に重要だなと思います。

また、検証する仮説はきちんと分解して、1この仮説を1このMVPで検証するという感じで、きちんと仮説と解決策を対応させるのも重要な考えですよね。

DeNA流リーンスタートアップ

よくある「いそうなターゲット」をペルソナにするのではなく、
実際にTwitterなどのSNSを細かく観察して、「本当にいる、○○さんというアカウント」というレベルまで具体的にその人の顔や行動、価値観がイメージできるほど落とし込むべきという考え方が非常に参考になりました。

以上で、今回のPM記事リスト10本の要約Twitterまとめは終了となります。

もうちょっとで目標となる100記事達成できますので、よろしければ応援のほどよろしくおねがいします!
Twitterでもいろいろ発信もしているので、よろしければフォローお願いします^^

@nowa_web

過去の記事

過去記事もよろしければどうぞ!!

プロダクトマネージャー記事200本読破計画(No1〜No10)

プロダクトマネージャー記事200本読破計画(No11〜No20)

プロダクトマネージャー記事200本読破計画(No21〜No30)

プロダクトマネージャー記事200本読破計画(No31〜No40)

プロダクトマネージャー記事200本読破計画(No41〜No50)

プロダクトマネージャー記事200本読破計画(No51〜No60)

プロダクトマネージャー記事200本読破計画(No61〜No70)

シェアする