【投資/資産運用】株式・ロボアド・仮想通貨の開始直後の運用成績を公開!&勉強メモ

最終更新日

みなさんは、株式投資や積立投資、仮想通貨投資などの「投資」や「資産運用」を行っていますか?

自分は、人生ビジョンである「時間、場所、お金に縛られない人生」の達成に向けて、今年から投資/資産運用を始めました。
(参考記事:人生のビジョンと2018年のテーマ・KGI/KPIについて

先日も、お金の増やし方「世界の億万長者ランキングと彼らの考え方や特徴」について記事を公開しましたが、初心者ながら資産運用(株式投資、積立投資信託、仮想通貨が中心)の勉強に励んでおります。

本記事では、投資や資産運用について初心者である自分が、
これまでの株やロボアド、仮想通貨でも運用成績を発表するとともに、
インターネットや書籍、雑誌などを通じて株式投資について学んだことの一部をご紹介します!
※まだまだ初心者なので、是非、切磋琢磨しながら一緒に学び合いましょう!

↓初心者向けの少額投資のポイントをまとめました(2018/5/25追記)
【初心者向け】少額投資・資産運用のポイント

現状の運用成績

結論から言うと、投資額700,000円に対して、現時点で700,895円と、約1.0%の運用益が発生している状況です!

株式投資はおおむね順調なのですが、ここ最近で仮想通貨が大幅下落したので、株での運用益をほとんど食ってしまいましたorz

但し、実際に運用を始めたのは、今年の4月末ぐらいからなので、実はまだ1ヶ月も経っていない完全な投資初心者です^^;

まだまだこれから上下する可能性も大いにありえますので、今後ウォッチしていければと思います。

「たった70万円程度の少額投資は資産運用とはいえない!」というプロの声が聞こえてきそうですが、
「投資/資産運用の実践が最大の勉強である」と思っており、自分は今年から投資を始めた初心者ですし、まずは少額でも実践で経験を積もうと思っています。

ちなみに、「①株式投資」「②積立(ロボアド)」「③仮想通貨投資」の3種類に絞って運用をしておりましたが、
円高の懸念があったので②の投資信託はちょうど今週、解約しました。(詳しくは後ほど)

▼運用成績①(株式投資)

成長株狙いで、「じげん」「PRtimes」の個別株に投資しています。
ちなみに、じげんはミニ株で50株程度の購入です。

じげんが調子悪かったけど、PRtimesが随分と牽引してくれたので、無事に+1万円超え。
個人的には、PRtimesを含めてPRツールを以前利用していたことがあり、PRtimesが最も費用対効果も良く素晴らしいサービスだったので、まだまだ伸びるのでは?と踏んでいます。

口座はSBI証券を利用。初心者で少額投資メインで資産運用する人は、手数料の少ないネット証券にしておくのがベターだと思います。



▼運用成績②(積立・ロボアド)

積立系の資産運用サービスは、ロボアドを活用しているウェルスナビを利用中です。
長期投資は今のところそこまで興味が無いので、短期〜中期投資を想定。

注意点としては、ウェルスナビはETFでの投資スタイルのため、円高になると日本円で損をする構造になっています。

長期投資が目的なら問題ないですが、自分はお試しの意味も込めて短期で考えており、
短期(1年以内)的には円高の懸念があったのと、
株式投資がおもったより好成績で、そっちに資金を使いたくなったので、一旦出金しました。

自分はたまたま出金しましたが、
ウェルスナビは手数料1%と、通常の投資信託より断然安いので、中長期的に堅実に積立していきたい場合はオススメのサービスですね。

▼運用成績③(仮想通貨)

取引所は、ビットフライヤーを利用。

序盤は好調で、+10%ぐらいの超好成績だったのですが、
ここ最近、急激に下落するタイミングがあったので、マイナスになってしまいましたorz

当然リスクは高いですが、一気に儲ける可能性に賭けたいなら、仮想通貨をはじめてみるのもオススメです。

取引所は、ビットフライヤーかZaifがオススメですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

口座開設は、以下からどうぞ

株式投資、積立、ロボアド、仮想通貨をする場合には、事前に取引口座の開設が必要になります。
無料で口座開設ができ、キャンペーンをやっている証券会社もありますので、もし興味あるかたは以下からどうぞ!

▼証券口座(株式投資・投資信託)


▼仮想通貨
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

そんな投資初心者の自分ですが、インターネットや本、雑誌で、株式投資や資産運用について勉強をしていましたので、早速それらを紹介していきたいと思います。

お金をつくる・資産形成をする方法

投資や資産運用の前に、まずは資産をつくる方法から見ていきたいと思います。
そもそも投資をはじめる前に、元本となる元手を作る必要があるので、それらを簡単にご紹介します!

※関連記事:

「お金の増やし方」 資産運用の初心者による勉強メモ – Don’t Think ACT!

4大固定費を見直す

初心者が資産をつくる上で、重要なポイントは「4大固定費の見直し」です。

4大固定費とは、
・住居
・自動車
・保険
・通信費
の4つを指します。

日々の細かい出費を削るのは、精神的にも負担が大きいので、
一旦削ってしまえばずっと節約効果が続く「固定費」の削減をまずは行うと良いようです。

通信費削減なら格安SIM

通信費を削減するなら、格安SIMが超オススメです!
自分もSIMフリーのiPhoneと格安SIMの組み合わせで、毎月の通信費を1,000円〜2,000円程度に抑えてます

ソフトバンクやauなどのキャリア契約だと、軽く5,000円は超えるので、固定費削減を簡単に行うならこれを活用するのがオススメです^^

いまなら、各社キャンペーンをやっていて、通常よりオトクに利用できるので是非検討してみてください!

BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン

【UQモバイル】

AIRSIMモバイル

資産を築く人の良い習慣

次に、資産を築く人の良い習慣として、
既に莫大な資産を築いた大富豪の共通点を調査したデータがありました。

・コンビニ、自動販売機では買わない
→費用対効果を考慮すると割高なので行かない

・飲み会は3時間以内に切り上げる
→時間を大切にしている

・Facebookの友達は少ない
→本当に大事な人としか付き合わない

・投資が好き
→元手を溜めて金融商品に投資し、お金を増やしている

・早起きを欠かさない
→早起きは三文の得

たしかに、コンビニや自動販売機は便利ですが、割高なので、
投資の原則である「安く買って、高く売る」に逆行するため、NG行為なのかもですね(汗)
※自分はついつい面倒なので、買ってしまいますが^^;

さて、若干前置きが長くなりましたが、自分の勉強メモをこれから紹介していきます!
今回は、主に株式投資の勉強メモを公開したいと思います!(一応、今のところプラスの運用成績ですし、少しは参考になるかと…)

ほぼメモの状態で恐縮ですが、ポイントを短くまとめていますので、誰かの参考になれば幸いです!

─────────────────────────

株式投資のノウハウを紹介

■買うべき株

1.業績がよい ※特に利益

→売上、利益が成長しているか?(増収増益か)
※売上伸び率10%以上、営業利益率10%以上の会社がオススメ

2.将来性がある ※成長ストーリーが明確で、最高益更新し続けられるか

→今後も売上、利益がUPしつづけるか?
┗ 会社の強みを保てるか(マネされづらい、価格競争になりづらい、新規参入しづらい)
┗ 売上拡大余地がまだあるか(市場成長性=潜在・顕在)

3.割安である

→判断基準はPER。PERの平均は約15倍
┗ 15倍以上:割高 ※将来性がある場合は割安かもしれない
┗ 15倍以下:割安 ※将来性がない会社は割安ではない

※PER30倍=利益2倍、PER50倍=利益3倍になることを見込んでいる。それ以上に利益成長が見込めるか?見込めるなら、買い。
※PER100倍など極端に高い場合は手を出さないほうが無難!
※PERだけではなく、業績や将来性、チャートと合わせて判断しよう!

または、

4.高配当・高利回りである

→配当利回り+優待利回り=4〜5%以上
※PBR1倍以下など、バリュー面も加味する

★買う前に、「買いの理由」をハッキリさせる

→例:強みを維持している、業績好調、移動平均線が上向き、、、etc
※「買いの理由」が崩れたら、即売ること!

■買うタイミング

1.株価チャートが上昇トレンドである

→上昇基調にあるときに買う。上昇が終わり、下降トレンドに転換したときに売却
→上昇トレンドの判断の仕方:①ローソク足が右肩あがり ②移動平均線も右肩あがり などで判断する

2.上昇トレンドの「押し目」である

→押し目:上昇トレンド中で、一時的に株価が下落したところ
→具体的には、移動平均線まで株価が下がった時が買いタイミング

■株のリスク管理

1.投資額について

→自己資金以上の株を買わない
→1銘柄に自己資金のすべてを集中投資しない

2.損切について

→損していても、売るべきときはキッチリ売る
→「買いの理由」をハッキリさせる
→「買いの理由」が崩れたら売る

3.利益が出ているときの売りのコツ

→成長の限界が見えてきたら売る
→PERが高くなりすぎたら売りを検討する

■投資判断軸

1.配当金がある

2.株主優待がある

3.利益が増えている

4.借金が少ない

5.現在の株価位置

■IPO投資

IPO投資は非常にオススメです。
→公募価格で買えたらラッキーだけど、運ゲーです。
→もし公募に当選しなかった場合は、上場後しばらくして、値動きが落ち着いた時期以降に買うこと!
※上場直後は価格が乱高下しやすいので、買わない
※注目の的になってる会社より、一般的な知名度が低い地味な会社を狙うべし

PER・PBR・ROEについて

株式投資でよく出てくる、PER・PBR・ROEについてのメモ

■PER “利益”から割高・割安を判断

・PER(Price Earnings Ratio=株価収益率) ※PER=株価÷1株あたりの当期純利益(EPS)
1株あたりの税引き利益に対して株価が何倍まで買われているかを示す指標
株価と企業の収益力とを比較することで、株価が現在どのくらいの水準にあるのかを測る指標
利益(フロー)の面から見て、現在の株価が割高なのか、それとも割安なのかを判断する材料になる
※ある企業の収益が一定だと仮定して、投資した金額を回収するのに何年かかるかのメドがわかる、ということ
※一般的には、PER15~17倍程度が妥当

■PBR “資産”から割高・割安を判断

・PBR(Price Book-Value Ratio=株価純資産倍率) ※PBR=株価÷1株あたり純資産(BPS)
1株あたりの純資産に対し、株価が何倍まで買われているかを表した指標
企業の資産面(ストック)から、企業価値に見合った株価かどうかを判断するのに役に立つ
※PBRが1倍なら定価どおりで、現在の株価と会社の清算価値が一致している
※理論上は、PBR1倍が株価の下値のメド → 1倍割れであれば、株価は割安であるという判断(但し、定価以下というのは経営に何かしら問題がある可能性があるため注意が必要)

■ROE

・ROE(Return on Equity=株主資本利益率) ※ROE=当期純利益÷株主資本×100
優良銘柄を見つけ出す際に有効な指標(外国人投資家はROEを重要視)
一般的には、ROEが高いほど、その企業は株主から集めた資金を元手にして利益を稼ぐ能力が高いと判断される
※一般的にはROEが10%以上が優良企業の目安

─────────────────────────

実際に運用するのが最大の勉強

以上のように、株式投資や積立、仮想通貨など、自分の運用成績とともに、学んだことを記載しました。

もともと投資や資産運用に興味はあったものの、実際にお金を運用することに対してビビっておりましたが、
現時点では、実際に投資をしはじめて、本当に良かったとおもっています。

特に資産が莫大に増えたわけでも無いですが、最も良かったことが、
「少額投資でも自分で運用/実践したことで、お金や投資に対しての学びの量と質が向上した」
からです。

これまでは本やネットで勉強していたものの、
実際に運用したことは無いので、あまり具体的にイメージができませんでした。

それに対して、株式投資、ロボアド、仮想通貨と、少額ながら実際に運用することで、
これまで読み流していたニュース(例えば、トランプ大統領の発言、北朝鮮問題、為替レート、などなど)が自然と目に入って来たり、
内容も少しは理解できるようになった実感があります。

そういう意味で、事前に学習することも当然ながら必要ですが、
少額でも良いので実際に運用してみることを強くオススメしたいと思います。

▼証券口座(株式投資・投資信託)


▼仮想通貨
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

その他のオススメ情報

その他、資産運用とそこまで関係無いものもありますが、いくつかオススメ制度をご紹介しておきます!

NISA・つみたてNISA

長期投資をするなら、つみたてNISAがオススメです。
NISAとは、少額投資非課税制度のことで、年間120万円までの投資に対する税金が5年間非課税の制度です。
つみたてNISAは額は年間40万円までと少額ながら、最大非課税期間が20年間と、長期投資に向いている制度です。

こちらは、SBI証券や楽天証券などのどの証券会社からでも申し込み可能なので、興味がある方は、まず証券口座開設をする必要があります。

▼証券口座(株式投資・投資信託)


ふるさと納税

ふるさと納税とは、地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度のことです。
自分の出身地・故郷に限らず、全国の自治体に対して寄付をすることができ、所得などの上限に応じて寄付金が返却される仕組みのことを言います。

自分もふるさと納税を行っており、約5万円以上の返礼品を、実質2,000円でGETできるオトクなしくみです!

ふるさと納税の専門サイトがいくつかあり、ネット上だけで完結できるのが特徴です。
興味のあるかたは、各サイトにて詳細をご確認ください。

ブランドが貰えるふるさと納税ノーマスタイル

以上で、投資初心者の自分の運用成績や、勉強したことを紹介してきました。
まだまだ勉強中の身なので、ぜひTwitterなどで情報交換できるとうれしいです^^

楽天マガジン

ビジネスマン向けの効率的な情報収集術でも紹介しましたが、
情報収集ツールの1つとして、月額380円で雑誌読み放題サービスの「楽天MAGAZINE」を利用しています。

ビジネス誌、マネー誌、などの有益な情報源となる雑誌が読み放題なので、是非検討してみてはいかがでしょうか?

楽天MAGAZINE

※関連記事:

「お金の増やし方」 資産運用の初心者による勉強メモ – Don’t Think ACT!

世界の億万長者ランキング2018とビリオネアの特徴や考え方について – Don’t Think ACT!

シェアする