「お金の増やし方」 資産運用の初心者による勉強メモ

最終更新日

最近、お金を増やす方法、資産運用(株式投資、積立投資信託、仮想通貨が中心)について初心者ながら勉強をしています。

20代前半の自分は「将来は経営者になって社会に役立つ事業を行い、お金持ちになりたい!目の前の給料よりも、自分の成長だ!」と強く思っていて、去年までは激務薄給のベンチャー企業で特に不満も持たずに働いていました。

平日は朝早く出て、夜遅くに帰り、休日もほとんど仕事をしているか、疲れ果てた体を癒やすために家で寝たり、疲労回復のためにサプリや栄養ドリンクを飲みまくっていました。

結果的に、学生時代よりは(数年働いたので当たり前ですが)経営に対する考え方が身につき、成長企業の勢いを肌で感じることができ、P/L・B/Sなどの財務諸表も読めるようになり、少なからず成長はできたと思っています。

ただ、お金について振り返ってみると、数年間働き、特に贅沢もしていないハズなのに、自分の手元に残っている貯蓄・預金はほとんど無い状態でした。さすがにアラサーに近くなってこれはまずいと思い、転職したことをキッカケにUPした給料を貯金に回ししつつ、全くの初心者状態からお金の勉強を始めることにしました。

幸い、報酬UPと節約生活の効果で現在は数十万円の銀行預金が手元あったので、「このお金を使って資産運用の練習をしてみよう!」ということで、ネットの記事や書籍・雑誌でお金の増やし方や運用方法について勉強している最中です。

※そもそも数十万で投資したところで、大した運用益は見込めないのは重々承知ですが、自分にとっての大金を使って実際に資産を運用することで、投資やお金に対する知識・考え方・ノウハウなどの吸収スピードが上がると思っています

↓資産運用の成績を公表しました(2018/5/22追記)

【投資/資産運用】株式・ロボアド・仮想通貨の開始直後の運用成績を公開!&勉強メモ

↓初心者向けの少額投資のポイントをまとめました(2018/5/25追記)

【初心者向け】少額投資・資産運用のポイント

今回は、初心者の僕が資産運用について読んだ雑誌や本で、特に参考になった「図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください」について紹介します。

この本は、資産運用初心者にオススメの本だと雑誌でされていたので、自分のように「お金の増やし方を知りたい!」「資産運用を学びたい!」「そもそもどういう考えで投資をすれば良いか分からない!」という方はぜひ、手にとって見てください^^

それでは、「図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」の中で参考になった部分を紹介していきたいと思います!

リスクほぼゼロのお金の増やし方:日本国債

リスクゼロの資産運用は、日本国債

本書では、リスクを取らずにお金を増やしたい方は、「個人向けの日本国債」をオススメしています。

国債のイメージとしては、日本にお金を貸すと、数年後に利息がついてお金が返ってくる仕組みのことです。

これをお金を増やす手段の1つとして著者がオススメしている理由は、ほぼゼロリスクで(銀行預金よりも効率的に)資産を増やせるから。
※銀行の定期預金では金利が約0.01%/年であるのに対し、日本国債の金利は0.5%/年
※銀行預金の場合、ATM手数料などを考えると、預けるだけでマイナス運用しているという考えにもなる

「日本は借金が多いし、国にお金を貸すなんで怖い!」と思われるかもですが、個人向け国債は元本保証(最低1年間は預ける必要がある間なので、万が一のことがあっても元本割れすることは無いらしいです。
また、日本経済が万が一破綻するとしても、当分先のことと考えていれば良いそうです。

銀行窓口で金融商品を買うな。ネット証券から買うこと

さらに、本書では、銀行の窓口で金融商品(株や投資信託などのこと)を買わずに、ネット証券口座を開設し、ネットで金融商品を購入するように勧めています。
※唯一の例外として上げている金融商品が、先程の個人向け国債

というのも、銀行は、
①貧乏人にはローンを組ませて金利で儲ける
②金持ちには投資信託を売って手数料で儲ける
という2大ビジネスモデルによって成り立っており、その金利や手数料には、窓口社員の人件費やTVCMなども広告宣伝費が含まれている(だからネット証券より高い)と指摘しています。

そこで、商品ラインナップが多く、手数料の安いネット証券会社から口座を開くことをオススメしています。

特に、「楽天証券」「SBI証券」が有力のようです。
また、お金を運用するときは、途中でおろさずにずっと運用していくことが基本になるそうです。

※ちなみに、自分はネット証券会社のSBI証券をNISA口座で運用しています。

日本国債や、ネット証券について、さらに詳細を知りたい方は本書にて↓
図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

少しリスクをとるお金の増やし方:投資信託

外貨預金はやらない

よく本やネットで「外貨預金で今すぐ稼ごう!」「トレードで1億稼いだ!」などの謳い文句で稼いでいるアフィリエイター達によって踊らされている人もいますが、著者は外貨預金は手数料が高いだけではなく、コイントスで表か裏かにお金をベットする”賭け”に近いから絶対やるなと注意喚起しています。
(僕もしれっとアフィリエイトリンクを貼っていますが、読者の価値・メリットにならない商品は勧めない方針で運営しています)

外貨預金は主に金融知識の無い人から銀行が手数料を稼ぐために使われているらしく、そもそも投資する価値に値しない金融商品であると著者は言っています。

分散投資ができる投資信託のメリット

では、何に投資をしてお金を増やせば良いのか?著者は「投資信託」をオススメしています。メリットは以下の通り。

1.手間がかからないから金融知識が少なく、本業がある人にピッタリ
2.投資の基本である分散投資をしておけば、大きく化ける可能性も減るが、大失敗する可能性も減らせる
3.法律で信託銀行で管理されるように決まっていて、資産を比較的安全に保管できる
4.海外にも手軽に投資できる

投資信託の選び方

では、実際に投資信託を買う際には、どのような基準で投資先を選択すればよいのでしょうか?約5,000種類もあるという投資信託を選ぶポイントは以下の通りです。

1.運用管理費用(信託報酬)の安いものを選ぶ
2.販売手数料の安いネット証券で買う
3.毎月分散型を選ばないようにする
4.ファンドの資産規模や流動性を確認する
5.過去の成績で選ばないこと

著者のおすすめは、「①上場インデックスファンド TOPIX」と「②ニッセイ外国株式インデックスファンド」の2つだそうです!
①が国内株、②が海外株で、それぞれ50:50ぐらいの割合で分散投資をオススメされています。

また、プロの投資家が運用(但し手数料が高い)するアクティブファンドと、機械的に運用されるインデックスファンドの内、著者はインデックスファンドをおすすめしています。

※ちなみに、自分は焦ってしまい、本書を読む前に投資信託を買ってしまったので、アクティブファンド45%・インデックスファンド45%(どちらも国内株w)・仮想通貨10%(w)で現在は運用しています。このあたりの資産配分については変更も考えているので、改めて公表していきたいと思います。

分散投資や、投資信託についてより詳細は本書にて↓
図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

得する制度を活用したお金の増やし方

つぎに、個人でお金を運用するよう促すための政策として日本国が実施している「NISA」について紹介し、著者はNISA口座で投資信託を運用することを勧めています。

NISA(少額投資非課税制度)とは

NISAとは、「1年間に120万円までの投資に対する利益が最大5年間、非課税になる制度」です。

通常の証券口座では、投資などの資産運用で稼いだ利益に対して、約20%の税金が掛かるのですが、NISA制度を活用することで、5年間は税金を払わずにお金を運用できるようになります。

ちなみに2018年から始まって、たまにTVCMなどで見かける「つみたてNISA」は、枠が小さいかわりに期間が長くなる(年間40万円まで、最大20年間は非課税になる)制度です。NISAとつみたてNISAは、どちらかしか選択できないので、自分の預金可能額や投資スタイルを考慮して選択してみてください。

※ちなみに、自分は口座開設当初は、あまりこれらの制度を調べず、「とりあえず個別株で運用益を短期で稼ぎたいからNISAっしょ!」というノリで作ってしまったので、しばらくはNISA口座で運用する予定です。

さいごに

上記はあくまで本書の一部の紹介に留めていますが、他にも、「単利・複利の考え方」「複利の72の法則」「積立投資」「確定拠出年金」など、お金を増やしたり、投資をはじめる上で基本的に知っておいたほうがいいことについて、分かりやすく解説されています。

詳細については本書を手にとって学んでみてください。入門書としてかなり読みやすい文章でまとまっています。
また、自分も今年から学び初めたばかりで絶賛勉強中の身なので、ぜひ色々と情報交換できたら嬉しいです!
(Twitterなどでお気軽にご連絡ください^^)

資産運用で勉強になったその他の本

その他、資産運用や株式投資の勉強をする上で勉強になった書籍を紹介します!(後日、改めて個別に内容を紹介できればと)

※本代が掛かってしょうがないので、ビジネス誌やマネー誌などの雑誌読み放題サービス(dマガジンか楽天MAGAZINE)を契約するか迷い中…

関連記事:

【投資/資産運用】株式・ロボアド・仮想通貨の開始直後の運用成績を公開!&勉強メモ – Don’t Think ACT!

世界の億万長者ランキング2018とビリオネアの特徴や考え方について – Don’t Think ACT!

シェアする